組曲 オンワードの真実


組曲からオンワード樫山の戦略

組曲にオンワードは柴崎コウさんをイメージキャラクターとして起用しています。柴崎コウさんといえば、大人気の女優ですが組曲のジュエリーにオンワードは柴崎コウさんとコラボレーションをしました。

組曲のジュエリーをオンワードは柴崎コウさんとコラボレートすることで
ブランドイメージの強化と新規顧客の開拓を狙ったわけですね。

オンワードは組曲のイメージキャラクターに2006年春から柴崎コウさんを
起用しているので、このクリスマス限定コラボレートもスムーズに進んだでしょう。柴崎コウさんは人気女優ですから、この組曲とのコラボはオンワードの成功だっといえるのではないでしょうか。

やはり柴崎コウさんといえば現在も旬の女優さんであり、若者からも指示されていますから組曲とオンワードはいい人選をされたのではないでしょうか。

組曲を使ったオンワードの戦略はこれからも見ていきたいですね。このような芸能人を使った戦略というのは多くの企業でもされています。是非組曲のオンワード戦略だけでなくほかの企業の起用している芸能人も見てみましょう。
おもしろいことがあるかもしれません。

組曲 オンワードの活動

組曲で有名であるオンワードですが、企業HPにはこのように書かれてあります。

オンワードグループは、「人々の生活に潤いと彩りを与えるおしゃれの世界」を事業領域とし、「ファッション」を生活文化として生活のあらゆる場面に提案する企業グループです。
新しいライフスタイルや価値の創造を通じて、人々の豊かな生活づくりへの貢献をめざしています


組曲などのブランドを見ればわかると思いますが、
実に様々なライフスタイルに合わせて、
いろんな年代趣味趣向を考えてオンワードは
ブランドラインを展開していると見てとれます。

組曲を筆頭にオンワードはオリジナルブランドがたくさんありますが、
それ以外にもライセンスブランドもあります。

ジャンポールゴルチエ、ポールスミス、カルバンクラインなど
オンワードは組曲などのオリジナルブランドのほかにも
13ものライセンスブランドがあるのですね。


組曲しか知らない方にとっては意外だったかもしれませんが
オンワードはファッションをいろんなライフスタイルに合わせられるように
考えられている企業なのですね。

組曲以外のオンワード

組曲以外にもオンワードのブランドはありますが、レディスブランドだけではないんですね。組曲のイメージがオンワードには強くありますが、メンズブランドも展開していますね。

組曲だけでなくオンワードは20のレディースブランドがありますが、メンズブランドも7つあります。もちろんこの場合はレディースとメンズ両方扱っているという解釈になりますが。anyfamはファミリーブランドも扱っていますね。

組曲のオンワードですが会社概要は
商号 株式会社オンワード樫山
本社 〒103-8239
 東京都中央区日本橋3丁目10番5号
 TEL03-3272-2312(総務部)
創業 1927年(昭和2年)2月
設立 1947年(昭和22年)9月4日

となっており、オンワードは長く続いている企業だということもわかります。

事業内容を見ても
紳士服、婦人服、子供服、きもの、身の廻り品などの企画・製造・販売 と
多岐にわたって展開されていますね。

オンワードが展開している、そのうちの一つが組曲であるというわけです。

組曲 オンワードの展開

組曲など多くのブランド展開をしているオンワード樫山。
組曲の他にオンワードのブランドを紹介していきます。

組曲のオンワードというイメージが強い印象がありますが
他にも23区、icb、nave、自由区、prideglide、disia、noble birth、suivi.、jane more、j.press、anyfam、anysis
などたくさんのブランドラインを展開しています。


世界初の新コンセプトショップ「ジョゼフ ザ ストア」を東京ミッドタウンに
オープンされますし、組曲だけでなくオンワードの活躍は次々と新しいものを
創りだしていっています。


オンワードは組曲のイメージガールを柴崎コウに抜擢するなど
イメージ戦略もすぐれていますね。
柴崎コウなんて組曲のイメージにピッタリだといっていいですね。

組曲のブランドロゴの「K」なんてオンワードらしいデザインになっていると
感じられます。なの「k」で組曲と人目でわかるぐらいの認知度になっていますね。


組曲がオンワードではメジャーブランドですが、
23区なども知っている人は多いのではないでしょうか。